自動運転時代の居心地いいキャビンを支える
ADAS統合制御バーチャル開発

モデルベース開発-

途中参加、退出いただいて問題ございませんので、お気軽にご参加ください!

日程 & 会場

日時:2018年11月16日(金)
  セミナー 10:00~17:20(開場 9:30)
  懇親会  17:30~19:30

会場:東京ステーションホテル(セミナー、懇親会共に)

ご参加資格:弊社製品を既にご利用いただいているユーザー企業様

アジェンダ

こちらよりご確認いただけます

展示ブース

併設の展示ブースにて最新テクノロジーを体験いただけます!

ANSYS SCADE+VRXperience

光学条件の設定下においてシステムが要件通りの性能を発揮するかを実機レスで検証するソリューションです。灯体やカメラ、レーダーやLiDARと組込み制御モデルを試作前の設計段階で仮想統合し、走行路上の様々な交通状況や夜間/昼間など の検証が可能です。

SPEOSによる3D原寸大 見栄え評価

SPEOSによって解析された車室内空間空間をヘッドマウントディスプレイ上で再現します。アイポイント、奥行き、ボリューム感など没入感の高い環境を体験いただけます。

ADASにも応用可能な3Dサウンド

乗員への情報伝達に有効なサウンドを直感的に加工編集し、立体音響技術による提示でメッセージに方向も加味可能です。本システムは感性評価にも適用することができ、よりリアルなサウンドを被験者に提供することが可能です。

 

お申込受付は終了いたしました。